「敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本」を読んで③HSPを学んだこと

「敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本」を読んで, HSP, HSP本, レビュー(本など)


こんにちは。まつこうです。

先日、この本の読んで、2つの記事を書きました。

 

HSPで悩んでいる人、自分が繊細かな?と思っている人には、とても勉強になる本です。

今回は、本を読んで、学んだことについて書いていきます。

刺激追求型HSP(HSS)がある

HSSとは、High Sensation Seekingの略で、刺激を求める素質があることです。

”・刺激的な事が好きなのに、激しく消耗してしまう

・アクセルとブレーキを踏んで生きている感覚がある”

抜粋:敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本(P.18) より

本には、セルフテストがあり、私は該当しました。

私の場合(概要)
  • 新しい場所・知らない場所に行きたい冒険心
  • 同じ作業などを繰り返すより、あまりやったことのないことをやりたい
  • 気分転換に、席替えなどをしたい

 

まつこう
そうか!

冒険心が強いのはここから来ているんだ!

納得しちゃいました(笑)

現在の所、あまり消耗はしませんが、

18歳を超えてから、強く感じていました。

 

深い思考能力がポジティブに働くときがある

物事を教えられた時、表面的な理解では留まらず、

目的・しくみ・からくりまで丁寧に教えてくれる人は、HSPにとってとても嬉しい存在だそうです。

 

 

 

 

目的等のヒントを教えてくれる人がいると、自分を理解してくれると思い、

与えられた課題を構造的に理解するという特性で、優れた結果を出すそうです。

 

確かに、表面的なだけでなく、その先の

まつこう
これは、どのようにして出来ているのか?

と思いふける日が多かったです。

その謎が解けると、急激に勉強や仕事が出来る様になり、中学の理科で特に現れました。

 

HSPには独特な学習能力がある

初めての事に関しては、学習能力が普通の人と異なり、覚えるまでに時間が掛ることと、ミスが多い点がある。

だが、ある時を境に急激に伸び、仕事の質が高くなるそうです。

 

 

 

 

私にはこの経験がたくさんあります。

配属されてから1年後に突然、担当の仕事が見据えれるようになり、とても嬉しく感じました

まつこう
今思えば、1年は長く辛い…

 

一番苦しいのは、周囲に理解されにくいところで、特異的な部分が顕著に出るからだと思います。

 

まつこう
これで不安が解消し、自信が出来ました!!

 

 

自己肯定感が低い人もいる

HSPでない上司・同僚から見ると、

HSPの完璧主義(完璧に理解する)な部分が、理解されづらいそうです。

その為、上司に納得されないと、自信が無くなり、自己肯定感が下がってしまう人がいるそうです。

上司
やる必要は?

分かるけど、要らないよね。

まつこう
どうしてそんな否定的なの?
まつこう
考え方間違ってるのかな…

純粋に傷つくことがありました。

 

自分のミスをすぐに許せない

自分がミスをしたことに許せず、気持ちが引きずってしまうそうです。

周囲が自分のミスを忘れ、責めていなくても、

まつこう
自分はダメだ…

と追いつめていました。

 

私の場合、自分のミスで、上司などから、

職場
・ダメなやつ

・きちんと考えて動け

・家でも考えてこい

という個人的な思い込みが、頭によぎって、仕事に集中できず、休日も鬱々としていました。

今思えば、うつ状態の身体症状が出ていきました。

うつ状態等、病気に関するところはこちらから↓

 

生真面目

鋭い洞察力とゴールに対しての熱い思いが強く、一生懸命考え抜く部分があります

改善提案など出しても、上司からは認められない事があり、その時の温度感が違うことで、疎外感が生まれてしまうことがあるそうです。

 

生真面目に関しては、こちらで詳しく書いてありますので、参照ください!!

 

まとめ

この本について、3本立てで書きました。

この本は、とても勉強になり、何度も言いますが、

正直、4年前に出会ってれば、今回書いた内容のモヤモヤが全て解消され、精神的に楽になったと考えています。

だから、HSPで悩んでいる人、自分が繊細かな?と思っている人は、1度購入して是非読んで頂きたいです!!

 

以上、まつこうでした。

 


/********XV킩₷Agoogleɕ\(classupdatedƓ)**********/ ŏIXV: /* /*********************ŁhXVh\*********************/ JF20193123
*/