「繊細さんの本」を読んで②

「繊細さん」の本, HSP, HSP本


こんばんは。まつこうです。

今回は、「繊細の本」のレビュー2本目を書いていきます。

みさきじゅりさんの本のレビューはこちら↓

 

第一印象を信じていい

まつこう
合わないなぁ
まつこう
何か嫌だなぁ

直感が鋭いHSPは、初対面ですぐに分かることがあると思います。

 

まつこう
殆どの直感は当たっているなぁ

そして、自分から極力近づかないようにしています。
(仕事では、最低限関わらないといけないので)

自分から「負の出来事」を避けるのは大事な事で、生かしてもいい特性だと思います。

 

ここで難しいのは、

自分の気持ちを全く話さない人には、直感が通じないことがあります。

“実際の出来事”何も話さないけど、裏では心配して周囲に聞きまわってるよ
まつこう
心の奥底までは、直感では分からないんだなぁ

と学びました。

 

ただし、

まつこう
この人は、こういう生活をしているんだなぁ
まつこう
動き方からして、オタクっぽい人なのかな?

今でも当たっているので、「心」以外は、直感を頼りにしています

 

自分の感じていることが、相手には分からない

この内容を、著書で目にした時には驚きました。

 

自分の感じていることが、周囲も同じだと思いきや、

  • 殆どの人は、気にならない・気づかない
  • 最終的には、自分の感じている内容を分からない事が当たり前

確かに、先々の仕事の問題の予測に関しても、

職場
気にしすぎ!!
まつこう
寧ろ何で気にならないの?

ということが多かったですね。

まつこう
自分は他の人と、何かが違うんだな。

 

前々から感じていた事もあり、驚きと共に納得しました

 

考え方の良し悪しは置いといて、

まつこう
周囲は自分より鈍いんだなぁ
まつこう
人より気づきやすい自分は、やっぱりすげぇんだなと捉えるようにしています。

 

敏感で人一倍、一喜一優するHSPには、

周囲の気持ちとすれ違いが起きやすく、辛い思いをするのが大変なところです。

人を頼る・お願いすることが苦手

これは完全に同意です!!

まつこう
自分がお願いすることで、多忙になったらどうしよう
まつこう
嫌われたらどうしよう…

お願いが出来たとしても、

まつこう
本当は嫌だったのかな…?

永遠と悩み続け、お願いすることが嫌になります。

そして、自分一人でやりきろうと紛争するも、
手に負えずチームにお願いすることがありました。

 

著書には、

お願いする前に気を付けること
  • 勝手に相手の状況を読んで、気持ち等を憶測で判断しない
  • やってほしい事を具体的に伝える。
    (HSPが得意なイメージで捕えさせる様な言い回しはしない)
    まつこう
    2018/3/20の売り上げデータをまとめて!!
  • はっきり断って良いと明言をしておく
    まつこう
    無理な場合は、無理って言って!

 

そして、 仮に相手がOKしたなら、返答やその態度が気になっても、相手が「OK」と言った「事実」を信じる

まつこう
あの人は言った

思考を切り離し、自分のやるべきリストを淡々とこなすことに注意しています。

 

HSPは手助けするのが早すぎる

周囲の状況に気づきやすいHSPは、

大抵、相手が「ヤバい」と気づく前に気づいてしまうそうです。

まつこう
ヤバいんだったら、助けなきゃ!

と自動的に先回りして助けてしまいます。

人を助けることは、とても大事で良い事です。
ですが、必ずしもいい結果に繋がらない事が考えられます。

 

基本的に私は、

HSPは、「助ける」という行為に対する見返りを求めていないと考えています。

 

問題の一例を挙げていきます。

職場
あなたが入ったから、ミスが増えた!

 

無意識で、頼まれていないのに、勝手に自分の時間を削っているので、

まつこう
あなた(相手)を助けたんだけど…

と不満を爆発してしまいがちですが、相手からしたら

職場
は?頼んでないでしょ?

となって、いい結果にはなりません。

 

まつこう
死にそうな位なギリギリな状態でやってるのに

そのまま体調を崩したりすると、怒られたことがありました。

まつこう
何で?助けたはずなのに怒られなきゃいけんの?

 

というイライラと葛藤に悩まされ、とても辛かったです。

 

ここで大事なのは、ヤバい事に気づいても、

頼まれるまで、手を出さない事で、頼まれてから初めて助けることです。

 

“HSPの苦痛”“「ヤバそう」という雰囲気に心が揺れてしまう”

 

ピリピリやヤバそうな雰囲気を、すぐに察知するHSPには苦痛です。

 

対処方法として、出来るのであれば、

・リモート操作が出来る

・一人で集中出来る場所へ逃げ込む

が、ベストだと考えています。

 

私は、今できる環境なので、積極的にやって行こうと思います。


/********XV킩₷Agoogleɕ\(classupdatedƓ)**********/ /* /*********************ŁhXVh\*********************/ JF */